トップページ > 治すには保湿が必要

ニキビができたとき、ちゃんと保湿をしていますか?

ニキビの原因は一般的に皮脂が多いことによるものという認識があるため、あまり保湿をすることがよいことだというイメージがないかもしれません。

 

実際に一部の方の中には、保湿力の高い化粧水などを使うとなんとなく肌がベタつく感じがあるため、何もつけないときの方が皮脂が出ないような気がすることからニキビ肌には保湿は必要ないんじゃないかと考えている方が多いようですね。

 

しかし、実際には保湿をおろそかにすることでニキビは治りにくくなるだけでなく、ニキビの再発を促してしまう可能性があるのです。

 

では、どうして保湿がそんなに大事なことなのでしょうか?

 

ニキビの保湿の関係をしっかりと理解しておきましょう。

ニキビができやすい肌を保湿して正常な状態にすることが大切

ニキビというのは基本的にお肌のトラブルの1つですから、肌が異常な状態になっているわけです。

 

そのため、健康な肌に戻してあげることがニキビケアの基本なんですが、健康な肌にするためには保湿が欠かせないのです。

 

私たちの肌は通常はある程度の水分を含んでいます。

 

どうして水分を保持できるのかというと、皮膚の表面の角質層の中で油分と水分を交互に重ねた構造をとっているからです。

 

水分が油分にサンドイッチされることによって、水分が逃げることができずにしっとりとしていられるわけです。

 

しかも、この油分と水分のサンドイッチは、角質細胞の隙間を埋めるようなかたちで存在しています。

 

このサンドイッチ構造は、しっとりするという質感の問題だけでなく、皮膚の隙間を埋めることで肌に異物が侵入するのを防いでくれたり、刺激から皮膚を守ってくれているのです。

 

そのため、保湿が不十分だと角質の隙間がスカスカな状態になり、刺激にも弱くなってしまいます。

 

だから、乾燥肌の方ほど肌が敏感だったりするんですね。

 

こうなると、できてしまったニキビをちょっと刺激しただけで悪化しやすくなってしまうため、健康な肌の方よりも治りにくくなってしまうのです。

 

さらに、いったん刺激に弱くなった肌は身を守ろうとして皮膚を厚くしようとするため、結果的に毛穴が詰まりやすい状態、つまりニキビができやすくなってしまうのです。

化粧水はケチらずたっぷり使うこと

ニキビができて悩んでいる方は、ニキビ用の化粧水などを使っていることが多いと思いますが、結構いいお値段がしますよね。

 

価格の高い化粧水を使うと、何となくもったいないような気がしてチビチビと使いがちですが、それが乾燥を招き、ニキビを治りにくくしたり再発しやすくしてしまうのです。

 

もしも性格上高い化粧水だとたっぷり使えないというなら、多少安いものを買ってでもしっかりと保湿ができた方がいいでしょう。

 

とにかく肌は水分を保っている状態が健康の証で、ニキビなどのトラブルを解決するためには肌を健康にしておく必要がある、そのため保湿が大切だということを覚えておいて下さい。

初めのページに戻る ≫ ニキビだらけの顔をどうにかしたいなら正しいスキンケアを実践しよう